プロミスで得たお金を結婚式に活用した杉浦

冠婚葬祭の急な出費などはとても辛いことがあるものです。しっかりと貯金があれば問題ありませんが、生活費や毎月の支払いなどの都合によって、冠婚葬祭のためのお金を用意するのが難しいことがあります。私の場合なら、友人や会社の同僚の結婚式に出席するときのお金が用意できないことがあります。そのため、プロミスでキャッシングをして、お金を準備することも多く、キャッシングに感謝することがあります。キャッシングを利用しても、返済さえきっちりと行うことができれば、とても便利なサービスです。プロミスキャッシング申込※お金を借りるなら、まずでプロミス審査
私はフリーターですが、今まで利用したキャッシングは全て完済しています。キャッシングの返済をするときに、利用した金額に合わせて分割での返済をしたり、一括での返済をしたりと、上手く使い分けると、自分のペースでしっかりと返済をすることができます。もし、お金に困った場面があるのなら、消費者金融などでキャッシングのサービスを利用してみると良いです。

主婦キャッシング市場の動向

主婦キャッシング市場の動向を調べていたらちょっと変わった情報を見つけたのでお知らせします。
大手消費者金融会社と銀行ATMとの提携解消が続出しているらしいです。
ひとつには大手消費者金融会社のキャッシング市場規模の縮小傾向があります。
昨年ですか、貸金業法が部分改正されました。
ATM使用に関する改定でした。
貸金業利用者がATMでお金を引き出す際に、利用明細の交付が義務付けられたのです。
つまり使用目的を入力しなければならなくなったのですが、銀行のATMにはその機能はありません。
新しくシステムを開発すると銀行側に莫大なシステム開発の経費がかかるために、嫌気がさし、大手消費者金融会社キャッシングカードとの提携を解除する動きが加速しているということなのです。
昨年の貸金業法の改定をまったく知りませんでしたので、これは寝耳に水で驚いています。
三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの大手銀行が提携を継続する動きです。
何故かというと、これらの銀行ではATM利用件数の10%くらいをノンバンクが占めるセブン銀行や大手消費者金融をグループ会社に持つので比較的簡単にシステム対応が出来るらしいのです。
キャッシングの主婦借り入れに驚いたり安心したりしました。

アベノミクス!

今年の2月頃、ネット・新聞・テレビで耳にするようになった「アベノミクス」そして「株価上昇」。

我が家の夫婦の会話も自然と「株」や「経済」の話が多くなり・・・。

とうとう初めてしまいました株式投資!

最初はいわゆる「配当」目当てに株を購入し(時期も良かったので)、中長期保有で短期売買はせず、ながーい目で育てていく感じで株を買おうね!って話していたのに・・・。
いつのまにやら短期決戦!な株の買い方に(苦笑)

でも、夫婦の会話はがぜん増えました。
以前だったら考えられない、「日銀が~」とか「短観が~」とか「アメリカが~」とか「為替が~」とか「ロイターさんが~」とか。
買った銘柄についても、どの点が株価が上がるポイントなのかとか話し合ったり。
思いもかけず値上がりした時は、仕事中の主人の携帯にわざわざメールしちゃったりして。

株式投資用に用意した費用ウン百万円。
最高トータル利益額70万円。
楽しかったですねぇ~。
旅行とか行きました。

でもでも!!
5月頭のあの大暴落!
一気に利益額が吹き飛びマイナス100万円にまでなってしまいました。
今はその株は売れずに塩漬けとなっております。
トホホ(;;)

でも、そんなにしょげ返ってはいません。
アベノミクス!信じてますから!